Zahnブログ

研修会の模様や最新の材料・機器の導入情報から、Zahnの日々の出来事など、最新の歯科技工情報をわかりやすく身近にお伝えします!

2019年8月 6日

東です

8月4日日曜日
京都府歯科技工士会西山地域主催学術講演会に

参加させて頂きました

 
今回の講演会では
歯科医師の木林先生と歯科技工士の森田先生による
歯肉縁下のカントゥアーによる

軟組織マネージメントと歯周組織と調和した補綴物を作製するにあたり

歯科医師と歯科技工士が留意する点についての

発表でした

 
歯肉縁下のカントゥアーは

凹やフラットでは歯肉に適度な刺激を与えられず

炎症が起こることがあります
しかし

歯肉縁下のカントゥアーが凸になっている補綴物を

いきなり口腔内にセットすると

歯肉が急に押されてしまい

その後炎症したり退縮する可能性があります

そこで

適度な刺激を与えることができる補綴物を

作製するために

歯科医師サイドでプロビジョナルをセットする際に

歯肉縁下のカントゥアーを足して調整し

歯肉縁下を押して適正な歯肉縁の高さになるまで

何度かプロビジョナルをセットし直して歯肉縁の

高さを決めます

その後

歯科技工士がそのプロビジョナルの形態を再現した

最終補綴物を作製しセットしていただくのが

軟組織をマネージメントする理想的な流れだと

学びました

症例発表の中で

大きいケースだと治療が完了するまで

6年ほどかかったものもあるそうで

かなり丁寧な治療が行われていて

1つ1つの行程をキッチリこなして行かないと

健康的な歯周組織を保つことは難しいと知りました

 

今回の講演会に参加させていただいて

自分の作業の中でも

もっと丁寧にしていける所があるなと思い

実践していこうと思いました

Zahn|コメント( 0 )トラックバック( 0 )

2019年6月27日

6月22日土曜日 モリタ友の会

クリニカルチャー研修会

〜セラビアンZR を用いたジルコニアオールセラミッククラウンの製作〜 
講師は南澤 英樹先生 を受講させて頂きました

 

今年でツァーンに入社して4年目で

仕事内容も出来ることが増えてきて

歯冠の形態や咬合様式なども勉強しつつ

そろそろポーセレンを築盛していきたいなぁ

となんとなく考えていて
時間があるときに

使わなくなった模型などで

ジルコニアフレームを作って頂き目標の色をきめて

どのくらいイメージ通りに色が出せるか

やっていくうちになかなか思い通りにいかなくて

セミナーなどに参加するのも

上達できるキッカケになると思い
今回はツァーンでも使用している

セラビアンZRのセミナーを受講しようと思いました


今回のセミナーは

モリタのインストラクターでもある

デンタルラボ スカーラの南澤先生が講師で

ポーセレンを扱う上での基本的なことをメインに

セラビアンZRの特性を活かした色の出し方を

一から指導して頂きその日から使える技術も

身につけることが出来たと実感してます

限られた時間の中での実習は

仕事とはまた別の緊張感もあり

周りの参加者の方々のペースにも

ついて行けるか不安でしたが

南澤先生が一人一人の席にまわり

直接指導してくださったお陰もあり

集中して作業でき学ぶことができたので

とても充実した1日になりました

 
これから忘れてしまわない間に練習して

早く歯科医院に納品して

患者さんの口の中に入れて喜ばれる様な歯を

つくれるように頑張ろうと思います!

173011.jpg173014_02.jpg

173013_02.jpg173012_02.jpg

Zahn|コメント( 0 )トラックバック( 0 )

2019年2月25日

こんにちは 東です

2月19日火曜日
NGSC 特別公演に参加させていただきました
今回は特別公演ということで

歯科技工業界で

知らない人はいないんじゃないかと思うほど

世界的にも有名な西村好美先生が来てくださりました

僕も学生の頃に一度だけ西村先生の講義を

受けさせていただいたことがあるのですが

その時に見せていただいた口腔内写真で

どれが技工物でどれが天然歯なのか

わからなくて驚いたことや

いつか自分もそんな技工物を作りたいと

思ったことを覚えています

今回の特別公演で西村先生が

日頃から患者さん一人一人に適した補綴物を作る上で

意識していることやこだわっているポイントを

かなり細かくここでは書ききれないほど

多くのことを伝えてくださりましたので

僕にも真似できるところは

すぐに気をつけていこうとおもいました

技術的な内容では基本的なことですが

補綴物のマージンの適合性の正確さに驚きました
顕微鏡で覗いた写真を見ても

マージンと模型に段差や隙間がなく調整されていて
これが本当のマージン処理なんだなと改めて感じました
どんなに見た目がキレイな補綴物であっても

マージンの適合が良くないと

そこにプラークがたまったり

虫歯や歯周病が進行してしまう可能性があるので
まずはマージンの適合性をバッチリ合わせられるように

気を付けて行きたいと思いました

他にも

ブリッジなどのケースでは

患者さんが清掃しやすい

ポンティックの形態に気を付けたり
ジルコニアの大臼歯部の補綴物では

口腔内での調整が

歯科医師にとっては大変な作業であるので

咬合器上でどこで噛ませているか記録を残して

歯科医師にもどこを削って調整すればいいか

伝えてると聞いて
患者さんや歯科医師のことを考えながら

仕事をするのは当たり前のことですが

自分自身常に考えられているかと思うと

そうでないときもあるので

そういったところも気を付けて

仕事をしていこうと思いました


二時間の講演でしたがあっという間に時間が過ぎ

多くのことを学べて

貴重なお話を聞かせていただきとても楽しかったです!

Zahn|コメント( 0 )トラックバック( 0 )

2018年12月14日

こんにちは湯浅です

 

12/9(日)KDA主催のCAD/CAM冠製作の

体験セミナーに参加してきました

 

CAD/CAMについて

基本中の基本のレクチャーを聞くことができ

普段なんとなく流していたことを

きちんと理解し整理することができました

3shapeは何度か触った程度なので

なかなか思うように動いてくれませんでした

もう少し練習が必要だと実感しました

トリオスのスキャンも目の前で見ることができました

想像していたより精度も高く

画像の処理スピードも速かったのには驚きました

 

今回のセミナーは実習だったので

他の受講者さんともお話ができた点もよかったです

合間に少し技工のお話を聞かせていただくことができ

有意義な時間を過ごすことができましたS__10567690.jpgのサムネイル画像

Zahn|コメント( 0 )トラックバック( 0 )